ミモレ丈スカートの冬コーデ!ガーリーで可愛い着こなしまとめ!


1

(出典:http://wear.jp/)

 

少年の様な出で立ちをボーイッシュ。

女の子らしいスタイルの事をガーリー、
またはガーリッシュと呼んでいます。

 

数々のファッション雑誌に特集として
組まれており、また街を見渡しても
ガーリーファッションに身を包んでいる
女性達の姿を見ない日はありません。

 

ガーリーを演出する際に欠かせない
アイテムとなるのがミモレ丈スカートです。

ちょっとした着こなし1つで
おそらく自分でもびっくりする程
可愛くなれる筈です。

この際に、挑戦してみては如何でしょうか。

Sponsored Link

大人気!花柄コーディネート

2

(出典:http://curet.jp/)

 

春に流行った花柄ですが、秋冬になっても
その人気が衰える事はありません。

花柄コーデは海外にも広がっており
セレブ達の間でも愛用している人は
大勢います。

 

ガーリーに着こなすには欠かせない
アイテムとなっているので、
秋冬にも取り入れてみては如何でしょうか。

一見難しそうに見えるかもしれませんが、
コツさえ掴んでいれば怖いものはありません。

 

キーワードは
シンプル・イズ・ザ・ベスト」です。

花柄のミモレ丈スカートを持っていくのなら
トップスはシンプルに行きます。

出来るならば
無地のものを
選ぶ様にして下さい。

 

上下共花柄というのも良いのですが
余程の上級者ではない限りは
難しいと思います。

Sponsored Link

花柄ミモレ丈スカートでガーリーに

3

(出典:http://curet.jp/)

 

全身花柄のミモレ丈のワンピースなら
上にカーディガンを羽織るだけで
ガーリーなスタイルが完成です。

しかしスカートとトップスが
別になっているというのならば、
避けたほうが無難です。

 

秋冬であればトップスはブラウスの上に
Vネックセーターがおすすめです。

 

また首元が大きめの、
タートルネックのセーター
合わせても可愛いと思います。

 

ショート丈をと行きたい所ですが
多少長くなっても問題はありません。

少しダボッとしているのも
愛らしく見えます。

花柄を引き締める形で
他のアイテムを合わせて行きましょう。

 

 

チェックで可愛くカジュアルに

4

(出典:http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/)

 

チェックを使ってガーリーを演出するなら
トップスにはブラウスがおすすめです。

 

シンプルなものも良いのですがここは
女の子らしくレース付きと行きましょう。

更にリボンが付いていれば言うこと無し!

小さいのも良いのですが
大きいのにした方が可愛いと思います。

 

カジュアル寄りにしたければ
パーカーを合わせるという手もあります。

その際に靴は
スニーカーをチョイスすれば
アクティブな感じになれます。

 

またトップスにチェックを持って行っても
良いかもしれません。

その中でも菱形模様が特徴の
アーガイルチェック
ピッタリ行けると思います。

 

この時ミモレ丈スカートも
チェックとなると違和感が出てしまうので
なるべく無地のものを選ぶようにして下さい。

 

 

定番のピンクで決める!

5

(出典:http://web.mbkr.jp/)

 

ガーリースタイル定番と言えば
ピンクじゃないでしょうか。

当然、コーディネートにも
取り入れたい所です。

しかし組み合わせ方が物凄く難しく
変な色を持ってしまうとアンバランスに
なってしまうので要注意です。

 

ガーリーでありつつも、少し大人な雰囲気を
残したいのならがお勧めです。

白でも構わないのですが
その時には小物の色を黒でなくとも
暗めの色を配置する様にします。

 

ただしトップスをピンクに
スカートを黒にするのは
お勧め出来ません。

これではスタイルが悪く見えてしまいます。

どうしてもというのであれば
アウターに濃い色を持っていくか
白のトップスに変えたほうが良いと思います。

 

 

最終手段はチュールスカート

6(修正)

(出典:http://www.alicia-blog.com/)

 

チュールスカートとは
チュール素材で出来たスカートの事です。

これだけでの説明では、
何の事かピンと来ないかもしれません。

 

バレリーナが着ている衣装を
思い出してみてください。

チュチュやスカートの部分が
ヒラヒラしているのを
見た事がありませんか?

それがチュールになります。

 

ガーリースタイルを目指すなら
このチュールスカートを
取り入れてみてはどうでしょうか。

 

お勧めとしては、トップスに
柄が入っているセーターを合わせます。

次に帽子でアクセントを加えれば完成です。

 

またトレーナーを持ってくるのも
悪くは無いでしょう。

キャラクターがデザインされていれば
「可愛いさ」は約束されたのも同然です。

 

 

まとめ

可愛いは作れる」とよく言われていますが
その言葉には、異論があります。

可愛いは作る物ではなく、
引き立たせるものだからです。

 

可愛いは元から誰しもが
持っている魅力です。

これは老若男女関係ありません。

赤ちゃんは勿論、年を召した方まで
持っている魅力です。

「作る」という事は、最初から
存在していないのが
前提になってしまいます。

 

だからガーリーに身を包み込む事により
元からある魅力を引き出して行くのです。

そういうコーディネートが出来てこそ
本当の「可愛い」じゃないでしょうか。

 


Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ