チェスターコートとマフラーのコーデ!おすすめの着こなし5選!


1

(出典:http://wear.jp/)

 

マフラーって秋冬の特に寒い日には
絶対に必要ですよね。

首元を温めると体感温度は
4℃も上昇するそうですよ。

 

当然お出かけする時も、
チェスターコートと合わせて
秋冬はポカポカに過ごしたい所。

 

だけど暖かけりゃそれで良いやと
適当に合わせてというのはどうなのかなと。

それで果たして
オシャレと言えるのでしょうか。

 

折角コーデがバッチリ決まっても
マフラーが合ってなかったら
変な感じになりませんか?

 

そこで今回はチェスターコートと
マフラーのコーデ
取り上げてみたいと思います。

一体どうすれば
素敵コーデになれるのか?

スナップを参考にして
色々と探ってみましょう!

Sponsored Link

カジュアルにワンポイントのマフラー

2

(出典:http://wear.jp/)

 

カジュアルに行くなら
インナーはグレーのスウェット
デニムのパンツを合わせます。

そしてベージュのチェスターコートと
紫色のチェックのマフラー
仕上げて完成です。

 

全体的に同じトーンの
コーディネートになっているので、

紫色赤色のマフラー
アクセントをつけます。

2色ともベージュと相性が良いので
凄く映えると思いますよ。

 

モコモコに巻く事で
暖かくもなるし、
小顔効果もあるのでオススメ!

 

また肩にかけるだけでも
格好良い雰囲気になれますよ。

その時は少し大きめのマフラーを
持っていけば良いかもしれませんね。

Sponsored Link

アクセントを他に置いてみる

3

(出典:http://www.pinterest.com/)

 

マフラーをアクセントとして
コーディネートするのも
一種のワザではあります。

だけど、あえて他の小物に
アクセントを置いて、

マフラーをコーデに“同化“させるのも
良いんじゃないでしょうか。

 

チェスターコートは
黒色紺色をセレクト。

マフラーも同系色
グレーを持って来ても良いですね。

ともかく目のつく様な色は
なるべく避けておきましょう。

 

そして鮮やかな赤のニット帽
アクセントをつけて完成です。

 

インナーも黒か紺色でも良いんですが、
どっちにしろ大人しい感じにした方が
良いかもですね。

派手目なものにしてしまうと
赤のニット帽が台無しになっちゃうので
注意して下さい。

 

 

注目アイテムのロングフリンジマフラー

4

(出典:http://allabout.co.jp/)

 

この先トレンドになるんじゃないかと
言われているのが
ロングフリンジマフラーです。

マフラーの先端、フリンジ部分が
長くなっているのが特徴で、

レディースのチェスターコートとの
相性もバッチリです!

 

コーデとしては、
まずインナーは白のシャツ
黒のパンツを合わせます。

クリーム色のチェスターコートで包み込み
グレーのフリンジマフラーで仕上げます。

 

足下はカジュアルに行くならスニーカーで。
きれいめに行くなら黒のヒールがベスト。

 

海外ではよく見かけるけど
日本ではあまり見かけない気がします。

だけど今、結構ジワジワと来ているので
チェックしておいても損はありませんね。

 

 

コートもマフラーも同系色で

5

(出典:http://wear.jp/)

 

あえてコートもマフラーを
同系色でまとめるというのも手です。

スッキリとした印象になるので
通勤コーデには良いかもしれませんね。

 

コーディネートとしては、
白のニットをトップスに
黒のタイトスカートを合わせます。

そしてスカートと同じ色のタイツを合わせ
グレーのチェスターコートで仕上げます。

 

靴は黒のヒールで行けば
女性らしくなって良いと思いますよ。

 

そして白と黒のチェックのマフラー
合わせて完成です。

巻き方は一周巻きでも良いのですが
スヌードみたいに巻いて
モコモコ感を出しても可愛いかも。

 

また、マフラーとコートが
同系色になっている分、

スカートに違う色を持ってくる事で
メリハリのついたコーデになります。

 

スタイルも良く見えるようになるので
ここ1番の勝負時に持ってきても
良いかもしれませんね。

 

 

ファーマフラーを使ったコーデ

6

(出典:http://www.selectsquare.com/)

 

チェスターコートには
ファーマフラーも合うのでオススメです!

 

ただ色のバランスを
しっかり考えないといけないので、

他のマフラーと比べると
コーデはちょっと難しくなっています。

だけど決まれば
すごくオシャレで格好よくなれるので
挑戦してみても良いですね。

 

コーデの例としては、黒のニット
柄物のスカートを合わせます。

そしてブラウンのチェスターコート
黒のファーマフラーを合わせて完成です。

 

全体的にカッチリしている
コーデになりますが、

ファーマフラーのお陰で
冷たい感じにはなりません。

 

他にも応用が効くので
色々と試してみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

チェスターコートとマフラーのコーデ
いかがでしたでしょうか。

 

マフラー1つとっても
色んな使い道があったと思います。

ちょっとしたアクセントになったり
同系色に合わせて
スッキリしたスタイルになるのも
良いですよね。

 

もちろん防寒としても
非常に優秀なマフラーですが、
ファッションとしても充分使えます。

 

それこそ首にかけるだけでも
印象は変わるので、

使いこなせばファッションセンスが
ワンランクUPすること間違いなしです!

 


Sponsored Link

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ