着痩せ冬コーデ!面白いほど痩せて見える着こなしの法則!


1

(出典:http://www.buyma.com/)

 

冬コーデの最大の悩みと言っても
良いであろう着ぶくれ。

着ぶくれても仕方ないと思い
真ん丸な格好でしぶしぶ出かけていませんか?

 

着痩せファッションには法則がありますので
コツさえつかめば誰でも簡単に
実践することができるんですよ。

 

いくら着痩せするからと言って
厚手のニットトップスまで
ウエストにインしてはいられませんよね。

今回はお洋服を選ぶ時に参考になる
着こなしの法則をいくつかご紹介いたします。

Sponsored Link

Xラインを意識してウエスト美人に

2

(出典:http://cdn.m3q.jp/)

 

肩幅と腰回りにボリュームがあるお洋服は
Xラインを重視した着痩せが期待できます。

特にノースリーブタイプのもの
肩幅も大きくデザインされているので
Xラインを実現しやすいですね。

 

ウエストは特にベルトなどで
絞る必要はありません。

もちろん絞った方が
細さを強調することは出来ます。

 

しかし肩と腰回りのボリュームで
腰は自然とくびれてみえますので
ベルトなどが窮屈な人でも安心です。

 

ワンピース以外では
ぺプラムのついたトップス
同じ効果を発揮してくれます。

これだと下にパンツを
合わせることも出来ますよ。

 

女性らしいシルエットになりますので
デートのときに生かせそうな法則ですね。

Sponsored Link

全体の体型もAラインワンピでカバー

3

(出典:http://blog.crosscollection.com/)

 

ダイエットで全身のラインを細くしたいと
励んでいる女性におすすめのアイテムです。

Aラインワンピース
基本的に体型を拾いませんので
体型カバーにもうってつけのアイテムです。

 

すそが徐々に広がっていくシルエットは
上半身を細く見せ、下半身はカバーしてくれ、
脚も細く見せてくれるといった
優れた効果を発揮してくれます。

 

お洋服を選ぶ際には着用したときに
きれいにすそが広がるかどうか
試着することをおすすめします。

 

すそがきれいに広がる方が
すっきりした印象を与えてくれます。

よって、くびれがなかったり
お尻が大きかったりと言った悩みは
これ1着で解消してしまいますね。

 

フェミニンなシルエットですので
体型カバーのイメージからもほど遠く
オシャレの一環として着ることが出来ますよ。

 

 

縦長を意識してほっそりコーデに

4

(出典:http://wear.jp/)

 

オールインワンなどは
縦長を意識した着痩せ効果があります。

Iラインと言われるシルエットですね。

 

トップスとボトムスを
同系色でまとめることでも
コーディネートが可能です。

ロングスカートを選ぶ場合は
すとんとしたシルエットを選ぶと
変に着ぶくれせず良いでしょう。

 

ネイビーなど
引き締まるカラーを選びましょう。

ただしアウターが黒の場合は
明るいカラーのインナーでも
縦長効果で締まって見せることが出来ます。

 

 

アウターはウエストを意識して

5

(出典:http://yaplog.jp/)

 

寒さが厳しい冬の外出に欠かせないアウターは
暖かい代わりに厚手のものが多いですよね。

 

ここでアウターを着る際にも
痩せて見せるポイントがあります。

それはウエスト部分が
絞られているシルエットのもの
選ぶべきだと言うことです。

Xラインを意識するのと似ていますね。

 

アウターのウエストの部分が
少しでも締まっているのとそうでないのとでは
締まっている方が明らかに痩せて見えます。

 

すでに持っているものが寸胴なタイプでしたら
同系色のベルトで絞ることも可能ですが
素材合わせなどが少し難しいかも知れません。

ニット素材のアウターでしたら
差し色などのオシャレ要素としても
簡単にベルトを取り入れることが出来ますよ。

 

 

上手な小物使いで着やせ効果をアップ

6

(出典:http://wear.jp/)

 

冬ならではの小物もコーデに上手に
組み込むことで痩せて見せることが出来ます。

 

まずはニット帽ですね。

三角形のシルエットが特徴ですが
視線を上に集めるだけでなく
帽子の高さも相まって
縦長に見せることが出来ます。

 

続いてストールマフラーです。

これはぐるぐる巻きつけるだけだと
視線を上に集めるだけですが、

両端を長く伸ばしてやると
これも縦長効果を発揮します。

 

同じ要領でロングネックレス
縦長に見せられるので効果がありますよ。

あとはヒールの付いたブーツで
実際に身長を上げることも有効です。

 

自分の趣味の可愛い小物を取り入れて
同時に女子力アップも目指しましょう。

 

 

まとめ

痩せて見える法則といっても
簡単そうなものが
多かったのでは無いでしょうか。

 

ウエストにメリハリをつける、
縦長を意識してコーディネートをする、
などの要素が盛り込められれば
痩せて見えるんですね。

 

厚手のトップスの場合も
ベルトをしてみたり、
ボトムスをコンパクトにしたり、
メリハリを付けると良さそうです。

あとはあまり膨張色の服を
選ばないこともポイントですね。

 

太く見えやすい冬服だからこそ
考えていきたいテーマですね。

 


Sponsored Link

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ