黒のダッフルコートコーデ!レディースのおすすめ着こなし特集!


1

(出典:http://milanda.net/)

 

皆さんはダッフルコートをお持ちですか?

 

とても着回し力も高く
流行に左右されない人気のアウターなので
多くのブランドから展開されています。

特に黒は着回し力が抜群で
基本的にどんなコーデにも合わせられるので
街中で見かけることも多いカラーです。

 

今回は着回すときに役に立つであろう
黒ダッフルコートのレディースコーデ
いくつかご紹介したいと思います。

自分一人で考えるコーディネートは
気付けばマンネリしがちですので
一度見返すきっかけにしてみて下さい。

Sponsored Link

定番カジュアルスタイルも女の子らしく

2

(出典:http://wear.jp/)

 

ダークカラーはコーデの雰囲気を
クールに引き締めてくれるので
ボーイッシュ寄りのファッションと
相性が良いカラーです。

 

ストリート系の格好良いファッションに
黒やネイビーのダッフルコートを合わせると
可愛さもプラスすることが出来ます。

この可愛さの取り入れ方は
甘めコーデが苦手な人にもおすすめですね。

 

甘くなり過ぎずまとめるのであれば
ボトムスはデニムスカートが良いと思います。

インナーは白を取り入れて
明るいコーデに仕上がるよう心がけましょう。

 

足もとはハイカットスニーカーだと
バランスも良く元気な雰囲気も出せます。

小物は黒系でまとめても良いでしょう。

 

上の写真のように
カーディガンを取り入れるときに
グレーを選ぶとコートとかぶらずに
見せることが出来ますね。

 

ミディアム丈のコートは
落ち着いたコーデにまとまりますが、

ショート丈のコートにすると
やんちゃな感じに仕上げることが出来ます。

Sponsored Link

白ワンピースを引き締めて冬仕立てに

3

(出典:http://kosoado.net/)

 

黒のダッフルコートの中に
真っ白のワンピースを着ることで
膨張しがちなワンピースも
引き締めて着こなすことが出来ます

また暗くなりがちなコーデも
明るい雰囲気になるので
おすすめのファッションです。

 

合わせる小物も黒系にして
ワンピースの白を強調することもできますが
もう一色差し色を入れてもきれいです。

ボルドーマスタードのカラー
この時期にぴったりのカラーです。

 

足もとにスニーカー
ショートブーツを合わせて
ソックスを見せたオシャレも良いですね。

注目するのはカラーだけでなく
冬らしいノルディック柄アーガイル柄など
柄入りソックスも可愛いですよ。

 

 

ワントーンコーデには異素材をプラス

4

(出典:http://harurunman.com/)

 

ワントーンコーデ
同一のカラーをうまくまとめることで
とてもオシャレなコーデになります。

しかしダークカラーのワントーンコーデは
つい重たい印象になりがち。

 

そこでメインのカラーは黒ではなく
グレーにすると暗くなりません。

異素材アイテムを取り入れても
全体の重たさが半減するでしょう。

 

またシルエットも縦長を意識した
ほっそりコーデに仕上げたいところです。

 

スカートを合わせる場合は
タイトスカートで縦のラインを
強調すると良いですね。

パンツスタイルの場合は
細身のパンツを裾でロールアップすると
肌も見せられ軽い印象になります。

 

 

フェミニンカラー投入で女の子らしく

5

(出典:http://milanda.net/)

 

カジュアルファッションに
ガーリーカラーを取り入れるだけで
コーデが優しい印象に早変わりします。

甘々コーデが苦手と言う人に
おすすめしたい組み合わせです。

 

またパンツにコーデュロイ素材のものを
選んでみても優しい雰囲気が出せますよ。

インナーに迷ったときは
白のセーターボーダーのカットソーを着ると
カジュアル感を壊さずに着こなせますね。

 

シューズでも女性らしさを出すのなら
ヒールのないぺたんこパンプス
ナチュラルに仕上がるスリッポン
相性も良くおすすめです。

 

 

黒だからこそ差し色が映えるコーデに

6

(出典:http://milanda.net/)

 

ボトムスにボーイフレンドデニムを合わせて
大人カジュアルな着こなしもおすすめです。

足もとにはパンプスを合わせると
コンパクトにまとまり良いですね。

 

また黒のダッフルコートに
赤いパンプスはよく映えます。

 

大人っぽく仕上げようと考えている方は
カジュアルの中に上品さを取り入れるように
意識するときれいめコーデに仕上がります。

 

より上品さを出すのであれば
ボトムスを変えることで実現できます。

例えばスキニーチノパンなどですね。

素材をウールコーデュロイにしても
印象を変えることが出来ます。

 

 

まとめ

黒のアウターの中でも
優しい雰囲気で着こなせる
ダッフルコートをまとめてみましたが
目に留まる着こなしはありましたか?

 

黒は汚れも目立ちにくいので
デイリー使いすることが出来るのも
嬉しいところですよね。

レパートリーを増やして
どんどん着まわしていきましょう。

 


Sponsored Link

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ