ミモレ丈スカートの冬コーデ!大人ナチュラルな着こなしは?


1

(出典:http://www.italietofrance.com/)

 

街を見渡してみると
コーデが決まっている人もいれば
そうでない人もチラチラと見かけます。

 

何故そう思ってしまうのかは
一概には言い切れませんが、

自分に不釣合いなコーデを
やってしまったからでは
ないでしょうか。

 

変な背伸びをして無理にするのではなく
ありのままの自分を
演出してみては如何でしょうか。

 

その為にもミモレ丈スカートを使って
大人ナチュラルな着こなし
マスターして行きましょう!

Sponsored Link

緑を合わせる

2

(出典:http://www.italietofrance.com/)

 

緑色のイメージとして、真っ先に
思い浮かぶのが自然です。

アウトドア等に出かけると
「緑が豊富」とよく言いますね。

また安らぎや癒しのイメージもあるので
ナチュラルコーデには最適かと思います。

 

トップスにモスグリーンを持ってきて
ミモレ丈スカートには紺のチェック
コーディネートします。

 

これだけでも良いのですが
あとひと押しするならばベージュのストール
を合わせてみては如何でしょうか。

首に巻くのも良いし
軽く両肩に掛けても良いと思います。

 

寒い時には
上にカーディガンを羽織れば完璧です。

 

足元は、ロガーブーツで決めましょう。

編み上げブーツの一種で
元々は木こりの為に作られた物だそうです。

とても頑丈に出来ているので、
このままアウトドアにも出かけられます。

Sponsored Link

スウェットでナチュラルに

3

(出典:http://item.rakuten.co.jp/)

 

スウェットとは防寒に優れた
生地を用いて作られた衣服の事を言います。

秋冬には無くてはならない
定番アイテムとなっているので
是非ともコーデに取り入れたい所です。

 

ミモレ丈スカートと合わせるなら
トップスにはブラウスを持っていきます。

その上にスウェットを羽織れば
ナチュラルコーデの完成です。

更に明るい色のベレー帽
ちょっとしたアクセントとして使えば
可愛くなるのでお勧めです。

 

 

またスウェットの代わりに
ファー付きのブルゾンを
持ってきても良いかもしれません。

足元は鮮やかな色をした靴下と
カーキー色のシューズを合わせます。

 

寒い時には黒のタイツを履けば
完璧じゃないでしょうか。

 

 

ポイントはタータンチェック

4

(出典:http://coordisnap.com/)

 

白のセーターに
黒のミモレ丈スカートを合わせる。

悪くはありませんが、それでは他の人と
被ってしまうかもしれません。

 

人気があるコーディネートなので
仕方ないと言われればそれまでです。

ただここは、人とは違う
オリジナルのファッションで
攻めてみるのもありではないでしょうか。

 

 

そこで登場するのが
タータンチェックのマフラーです。

これを首に無造作に巻いて行けば
いい具合にアクセントとなります。

足元にはブラウンの革靴を合わせれば
ナチュラルコーデの完成です。

 

またタータンチェックの代わりに
ベージュが特徴的なバーバリーチェック
でも良いかもしれません。

その時はアウターに
ミモレ丈スカートと同じ色を持っていけば
スタイルもぐっと引き立つかと思います。

 

 

目指すは森ガール

5

(出典:http://beautycity.jp/)

 

ナチュラルコーデを目指すなら
森ガールを外す訳には行きません。

インターネットから始まったそうですが
次第に世間にも広がりブームとなりました。

 

当時は街を歩けば
森ガールとすれ違わない日が
無かった程です。

一時期と比べるとブームは落ち着きましたが
定番ファッションの1つとして
今も根付いています。

 

コーディネートとしては
全体的にアースカラーを持っていきましょう。

更に大人な雰囲気を演出したいのなら
森ガールの定番となっている
レースは抑え気味にした方が
良いかもしれません。

 

 

またミモレ丈スカートのトップスは
丈短めが鉄板ですが、この場合は逆に
長い方が可愛いと思います。

後は帽子とブーツを合わせれば、完成です。

 

首元にストールを巻けば
本当に森にいても不思議では無くなるかも?

 

 

カウガールスタイルに挑戦

6

(出典:http://www.pal-blog.jp/)

 

胸に光るは保安官バッチ。

街を脅かす敵から人々を守るために
今日も立ち上がるカウボーイ!

男性だけの特権スタイルと
思われがちなウェスタンスタイルですが
女性も負けてはいません。

 

トップスにデニムを合わせ
ミモレ丈スカートは無地のものを用います。

ワンポイントとして模様がついていても
良いかもしれませんね。

 

冬の寒い時期には
上からVネックのセーターを合わせれば
ナチュラルコーデに早変わり!

胸に大きめのネックレスを付け加えれば
言うこと無しですね。

 

 

まとめ

どういったコーデが
“ナチュラル”なのかについては
人それぞれに考えはあると思います。

これらのコーデを見て
「どこがナチュラルなの?」と
突っ込みを入れている人もいるでしょう。

 

それで良いと思います。

「これじゃなくて、このアイテムを合わせて」
等と考えるきっかけになれば、幸いです。

 

ファッションに関しては
「これが正解」というのはありません。

もし仮にあったとしても、
それは第一線で活躍している人でも
見つけられないものだと思います。

 


Sponsored Link

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ