Gジャンの冬コーデレディース!ボーイッシュに決める方法は?


1

(出典:http://www.magaseek.com/)

 

ボーイッシュコーデに
Gジャンは欠かせません。

それでも女の子ですから
少しはレディースコーデも意識して
着こなしていきたいですよね。

 

そんなGジャンが気になるあなたに
今年の冬コーデをいくつかご紹介します。

とても着まわしの効くアイテムなので
様々な着こなしの参考になれば嬉しいです。

 

画像の女性はスリット入りの
ミモレ丈タイトスカートを、

ハットとGジャンを使って
うまくボーイッシュに仕上げています。

 

大きめのGジャンを
チョイスしているところも
ポイントが高いですね。

Sponsored Link

ミモレフレアもカジュアルに

2

(出典:http://fashionwalker.com/)

 

ボーイッシュなイメージからは
少し遠い位置にあるフレアスカート

 

しかしデニムジャケットを合わせると
カジュアルダウンするため
少しボーイッシュな印象になります。

ここでさらにスニーカーや
キャップなどでコーディネートすると
より一層ボーイッシュになりますよ。

 

Gジャンを差し色にするなら
他は暗い色でまとめましょう。

逆にインナーやスカートを
差し色にする場合は、

Gジャンに合わせて淡い色で
まとめても良いでしょう。

 

足元はスニーカーや
マニッシュシューズが
ボーイッシュに仕上がります。

 

大きめのジャケットならゆるく、
短め丈のジャケットはメリハリを付けて
着こなすのが良いでしょう。

Sponsored Link

ワンピースにも相性抜群

3

(出典:http://www.pal-blog.jp/)

 

1枚でさまになるワンピースでも
上からデニムジャケットを羽織れば
一気に秋冬顔になります。

ここでダークカラーの
ジャケットをチョイスすると
さらに冬らしいですね。

 

ワンピースの丈がひざ上なら
大きいサイズのゆったりジャケット
バランスよく着こなせます。

ショート丈のジャケットは
ロングワンピースと合わせると
足長効果も期待できますね。

 

ロングワンピースに大きめジャケットは
一歩間違えるとルーズに映りますので
バランスには注意して着てください。

 

足元は華奢なシューズを選ぶより
存在感のあるブーツなどの方が
格好良く見えるかもしれません。

 

 

ジャケットの下にジャケット

4

(出典:http://www.elle.co.jp/)

 

ジャケットにジャケットを重ねる技が
オシャレさんたちに取り入れられています。

 

簡単なのはデニムジャケットの上から
ロングコートなどを羽織ることです。

Gジャンをインナーのように扱いますので
前のボタンは閉めて
着用すると良いでしょう。

コートはなどが
合わせやすいかと思います。

 

Gジャンの中にジャケットを着用する場合は
アクセントになるようなカラー、
素材だと差が出て良いかも知れませんね。

Gジャンは少しゆったりめが
着こなしやすいと思います。

 

重ねるだけで冬らしいオシャレに見えるので
ちょうどいいサイズのアウターがあれば
重ねて挑戦してみて下さい。

 

画像の女性はGジャンの中に
ジャケットを着て、ワンポイントのように
見せているところが素敵ですね。

 

 

ライダースでボーイッシュに

5

(出典:http://zozo.jp/)

 

デニムジャケットですが、
変わったデザインのものも
印象が変わって楽しいかと思います。

 

上品な雰囲気でまとめたい時は
ノーカラー(えり無し)タイプ、

ボーイッシュに決めたいときは
ライダースタイプと言った感じです。

 

ライダースタイプは
少し大人っぽく見せられ、

ボーイッシュファッションでも
落ち着いたコーデになります。

 

細身のスキニーが定番ですが
やはり合わせやすいと思います。

クロップドパンツを選べば
少しゆったりで足首も見せられ
女性らしさがプラス出来ますよ。

 

 

流行はデニムonデニム

6

(出典:http://wear.jp/)

 

地味に注目を集めている着こなしに
デニムonデニムというものがあります。

デニムジャケットに
デニムスカートやパンツを
合わせる着こなしです。

 

デニムスカートは
ミニ丈よりもミモレ丈の方が
落ち着いて見られ、
バランスも良い印象です。

上と下を同系色でまとめ、
ジャケットの前を閉じてしまって
つなぎのように着こなす技もあります。

 

また上級者さんは
デニムジャケットの下に
デニムシャツを着られます。

これは2つのデニムの色合いと、
アウター・インナーの丈のバランスが
絶妙で技ありと言ったところですね。

 

 

まとめ

とても着回しやすい
ジャケットなだけに、
様々な着こなし方が存在します。

マンネリを防ぐ意味でも、
自分が楽しむためにも、
色々と研究すると良いでしょう。

 

最近ではカラーの
Gジャンもちらほら見かけます。

まだそこまで多くないですが
さらにファッションの幅が
広がった気がしますね。

 

少し肌寒い方にはボア付きGジャンなど
分厚くて暖かいものも展開されていますので
一度チェックしてみて下さい。

 


Sponsored Link

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ